2015年01月22日

【政府】2020年度までに1人1台タブレット端末を配布

Classroom2.jpg


学校教育現場に「タブレット学習」の導入がすすむ

日本政府は、2020年度までに小学校の児童に1人1台の情報端末(タブレット端末など)を配布する方針をかためました。総務相も文部科学省もICT機器を用いた授業の実証研究を行っており、「子ども用の情報端末」としてタブレットを学習のさまざまな場面で活用することを考えています。

タブレット端末での学習を進める理由

・これからの高度な情報化社会を生き抜く子どもたちに必要な「情報を活かす力」を育むため
現在は、ものすごいスピードであらゆるものごとが”情報化”されています。新聞よりも雑誌よりも伝達が早いのはインターネットのニュースです。災害速報もスマートフォンで即座に知ることができます。
今、リアルにあるほとんどすべての情報がインターネット上にもあります。さらには、FacebookなどのSNSの登場によって、今までは切り離されていた「リアルの世界とネットの世界」が融合するようになりました。
つまり、現在は高度な情報化社会で、正しい情報も間違った情報もあふれかえっています。そこでわたしたちは「正しい情報を選択する力、そして選択した情報を活かす力」が必要になってきています。
そのためには、タブレット端末のようなICT機器で最新の情報を活用し、学習していくことが大切になるわけですね^^


・世界の流れにのるため
韓国やシンガポールなど、海外でも教育現場へタブレット端末導入の動きが盛んです。先進国が最新の学習を子どもにさせて、人類の学習レベルをあげようと取り組んでいるのですね。

enjin_friends_boys_girls.png

管理人の意見
正直、わたしはこの「タブレット学習」に関しては反対でした。理由は3つあります。

1.タブレット端末の仕様に関する問題が発生すると予想
タブレット端末に関する問題はたくさんあると思います。例えば、勉強を教える側の先生がタブレット端末を使いこなせるとは限りません。そうすると勉強以前の問題で、トラブルが発生するのでは?と思いました。
でも、調べていくうちに、タブレット端末は使い方がどんどん簡単に改良されているそうです。たしかに小学校への導入がすすんでいるくらいだから、タブレット端末は6歳でも使えるような仕様であるはずですよね。
そういう意味でタブレット端末に関する問題は、どんどん改善されていくのでは?と思いました。

2.視力の低下
タブレット端末は電子機器です。そのため長時間利用すると視力の低下が予想されます。子どもはただでさえ、ゲーム機器で目を酷使しているのに、学校でも似たような状況になる可能性が高いです。
これは改善の余地が見えない懸念要素ですね。。。

3.地域格差
自分の所属する地域によって、自治体の資金力が異なります。ということは、地域によってタブレット端末導入の格差が広がることを予想しました。でも、政府は「2020年までにすべての学校の生徒に1人1台のタブレット端末を普及させる」と宣言しているため、地域ではなく、もはや国家の取り組みだといえますね!
だから地域格差はそこまで大きくならないと予想できます。

以上のように、当初はさまざまな問題が発生するのでは?と不安に思っていた管理人ですが、タブレット端末での最新の情報を楽しく学習できるという魅力もあって、今後に期待しています^^!

【無料】スマイルゼミの資料請求はコチラ>>


この記事を読んだ方にはこちらの記事もおすすめです。
スマイルゼミとは / 対象年齢・対象年齢 / 【金額】スマイルゼミ / スマイルゼミの会社はどんな会社? / 困ったときのサポートについて / 30日間無料体験 / 【CM】スマイルゼミ 縄跳び / よくある質問 / クリスマスプレゼントに大人気! / ホーム(トップページ)
記事の削除 この記事を削除します。一度削除すると元に戻せませんのでご注意下さい。
posted by 通信教育マニア かりん at 19:26| Comment(0) | スマイルゼミとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【必見】スマイルゼミに対応している教科書はどこ?科目5選!



スマイルゼミの小学1年生講座の学習内容についての記事です。

教科書に合わせて学習できる

スマイルゼミの小学生講座では、お子さまが小学校でお使いの教科書名を選択すると、単元の標準履修月に合わせて教材を配信します。つまり小学校で学習する内容とスマイルゼミで学習する内容はほとんど同じだということですねヽ(´▽`)/

このようにスマイルゼミなら「学校で習っていない範囲だから勉強がわからない」という審判もありません。安心してご利用できるのがスマイルゼミの良いところですね^^

教科別 対応教科書(出版社)

・国語
光村図書、東京書籍、教育出版

・算数
東京書籍、学校図書、啓林館、日本文教出版、教育出版、大日本図書

スペシャル学習

・英語
「見る・聞く・話す」の3拍子がそろった楽しい学習内容

・漢検ドリル
国語教材の進度に関係なく、いつでも自由に取り組めるドリル教材。
10級(小学校1年生修了程度)〜2級(大学・社会人程度)まで、幅広いレベルに対応

・計算ドリル
算数教材の進度にかかわらず、いつでも自由に取り組めるドリル教材。
6級(小学校1年生)〜1級(小学校6年生)までのレベルに対応

スマイルゼミを作っている株式会社ジャストインシステムは、10年以上前から学校教育にしっかりと向き合って、効果的に学習できるソフトの開発に携わってきた経験があります。小学生向けの学習・授業支援ソフト「ジャストスマイル」は、1999年6月の発売以降、先生方と子どもたちの絶大な支持を得て、現在では全国の約8割りもの小学校でご活用されています。

ただ”子どもが使えるソフト”ではなく、現場の先生方とともに開発した教育的な配慮や創意工夫、子どもへのわかりやすさが評判です。現在では「小学校で使う定番ソフト」にもなることができました。もしかしたら、お子さまが学校ですでにスマイルゼミのソフトを使っているかもしれませんね^^

現在も進化し続けるスマイルゼミは、あなたのお子さまの学習をより豊かなものにします^^

【無料】スマイルゼミの資料請求はコチラ>>


この記事を読んだ方にはこちらの記事もおすすめです。
この記事を読んだ方にはこちらの記事もおすすめです。
小学1年生講座の内容 / スマイルゼミで英語学習 / ホーム(トップページ)
posted by 通信教育マニア かりん at 19:24| Comment(0) | スマイルゼミとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【CM】スマイルゼミの縄跳びCMがすごい!

スマイルゼミの縄跳びCMがすごい!


これですね!




さて、これってCGなの?本当なの?と疑問に思った方も多いと思います。私も疑問に思いました。


そこでCGなのか?本当なのか?調べてみました!!


・・・・・



・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・




本当です!!


ビックリですね!CGかと思いますよね!


あのスマイルゼミのCMで縄跳び(ダブルダッチ)をしているのは、なんと小学6年生の坂本真由美さんです。



しかもタレントではなく、ダブルダッチの選手です!


坂本真由美さんは、小学2年生から体操をはじめて、小学4年生からダブルダッチをはじめたそうです。

小学生では珍しく、バク転もバク宙もできる選手で、業界の中でも大きく期待されているのです。


ダブルダッチの大会にもたくさん出場して、結果を残しています。


縄跳び(ダブルダッチ)の選手とはいえ、小学生でここまで出来るのはすごすぎますね!


もちろん実際、CMほど激しい運動をしながらスマイルゼミで学習するのは危険ですから、マネしないでくださいね(誰もマネできませんが。笑)


インパクトのあるCMはおもしろいですね!




★参考サイト:こくまろトレンディ
トップページ)


DMMオンラインゲーム・HOUNDS

posted by 通信教育マニア かりん at 18:31| Comment(0) | スマイルゼミとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。